【長持ち】ネクタイの素材別おすすめ保管方法とアイテム

【長持ち】ネクタイ素材別おすすめ保管方法とアイテム

せっかく購入したネクタイ、長く大事に使いたいですよね。実は、素材によって適した管理方法も違います。

知らずに間違えた管理をしていると、シワができたりヨレて伸びてしまったりと男の身だしなみにも悪影響が。

ちゃんとネクタイをハンガーにかけてたのに、しわしわになってる。。なんで?

この記事では、素材別におすすめの保管方法とおすすめアイテムを紹介しています。

この記事でわかる

・ネクタイの素材ごとに適した保管方法
・ネクタイ保管におすすめのアイテム

Nクローゼット運営者

ネクタイは人の印象を左右する重用なアイテムだから、よれよれシワネクタイは正直ダサいです。

それぞれある保管方法にも、メリット・デメリットがあります。どの保管方法が向いてるかについても合わせてチェックしてみてください。

Nクローゼット運営者

それでは解説していきます!

目次

長持ち!ネクタイ素材別おすすめ保管方法

長持ち!ネクタイ素材別おすすめ保管方法

ネクタイのお手入れと保管は、ネクタイの寿命を延ばし、いつでも清潔で美しい状態で使用できるようにするために不可欠です。

定期的なお手入れと適切な保管を行い、お気に入りのネクタイを大切にしましょう!

ネクタイは素材別におすすめの保管方法が異なります。シルク、ポリエステル、ウール、ニットとネクタイの素材は大きく分けて4種類。

ネクタイの素材の種類や確認方法については、こちらの記事を参考にしてください。

保管前にまずはお手入れを!

ネクタイを保管前にホコリを取り除くことは重要。

外気にさらされるネクタイは、ホコリや汚れがつきやすいアイテムです。ネクタイブラシや柔らかい布で優しく拭き取りましょう。

長持ち!ネクタイ素材別おすすめ保管方法

特にシルクネクタイの場合、ホコリや微細な汚れが目立ちやすいので、こまめに清掃することが大切。

Nクローゼット運営者

他にも保管する際に注意する点を下記にまとめました。

・風通しが良い場所に干して湿気を飛ばす
・ネクタイは水に弱いので消臭スプレーなどは直接かけない

ネクタイにシワができたからと、直接アイロンを当てないようにしましょう。

アイロンの熱によって、ネクタイを傷めてしまい型崩れしたり、テカリができる可能性があります。

Nクローゼット運営者

ネクタイにアイロンをかけたいならスチームアイロン(重みや熱を直接加えない)をオススメします。

スクロールできます
ハンガーにかける丸める平置き
おすすめ素材・シルク
・ポリエステル
・ニット
・ウール
・ニット
・ウール
メリット・長期間保管する際に有効
・シワが取れる
・見た目が綺麗
・効率的に収納できる
ネクタイが傷つきにくい
デメリット特になし・手間がかかる・スペースが必要
ネクタイ保管方法の比較

シルク・ポリエステル素材→ハンガーにかける

シルク・ポリエステル素材→ハンガーにかける

シルクやポリエステル製のネクタイはシワがつきやすいため、ハンガーに吊るすことがおすすめ。ハンガーに吊るして重力がかかることでシワが綺麗に伸びます。

Nクローゼット運営者

ほとんどのネクタイはシルク素材です。

特に長期保管の際には、専用のネクタイハンガーが便利です。ハンガーにかけておけば、形を保ちながら保管できます。

シルク・ポリエステル素材のネクタイ→ハンガーにかける

ウール・ニット素材→平置き・丸めて保管

ウール・ニット素材のネクタイ→平置き・丸めて保管

ウールネクタイは繊維が柔らかく、他の素材よりもシワがつきやすい傾向があります。

平置きに保管することで、ネクタイが折り曲げられることなくシワを最小限に抑えることができます。

Nクローゼット運営者

ふんわり優しく折ってたたむのがポイント!

ハンガーに吊るすと、自重によりネクタイが伸びてしまう可能性があり、これが縮みを引き起こす原因となります。平置きや丸めて保管することで、このリスクを軽減できます。

ニット素材のネクタイ→平置き・丸めて保管する
丸めて保管する

ネクタイをくるくる丸めたら、それをネクタイ収納ケースやポーチに収めます。

ニット素材→平置き・丸めて保管

ニット素材のネクタイ→平らに保管する

ニット素材のネクタイも伸びやすいため、平らに保管するか、くるくる丸めて保管しましょう。

ニットネクタイは通常、柔らかく伸縮性がある編み地で作られています。ハンガーに吊るすと、ネクタイの自重により、長さ方向に引っ張られます。

ハンガーに吊るすとネクタイの編み地が伸びてしまう可能性があります。

ニット素材のネクタイ→平らに保管する
畳んで収納する

ネクタイの保管に便利なアイテム

ここからは、ネクタイの保管に使えるアイテムをご紹介します。丸めて収納する際に便利な道具や、出張・持ち運びに便利なアイテムなどピックアップしました。

収納ボックス(仕切り付き30マス)

こちらは、上記で紹介したような丸めて収納する必要のあるウール素材・ニット素材のネクタイを収納するのに便利です。

引用;楽天市場/収納ボックス仕切り付き販売ページより
引用;楽天市場/収納ボックス仕切り付き販売ページより

場所も取らないし、キレイに収納できるので見た目もGOODです!

Nクローゼット運営者

楽天市場で販売しています。

ダイソー/ネクタイ保管ケースダイソー

ネクタイの保管に便利なアイテム

ダイソーのネクタイ保管ケースは、ネクタイをきれいに保管できる便利なアイテムです。中にネクタイを巻いて収納し、ホコリやシワから守ります。

Nクローゼット運営者

出張など、ネクタイを持ち運ぶ時に便利!!

ネクタイがホコリや虫から守られ、いつでも綺麗な状態で使用できます。

ネクタイの保管に便利なアイテム

AnormaIS ネクタイハンガー20本掛け

ネクタイの保管に便利なアイテム

ネクタイを複数持っている人に便利です。

固定クリップがついているのでネクタイが滑り落ちない!

ネクタイ専用で20本かけれるハンガーは中々ない上に、ネクタイをいっぱい持っている人でもフックの部分が回転するのでクローゼットを圧迫しません。

ネクタイの保管に便利なアイテム
引用;Amazon/AnormaIS
ネクタイハンガー20本掛け販売ページより
ネクタイの保管に便利なアイテム
引用;Amazon/AnormaIS
ネクタイハンガー20本掛け販売ページより

まとめ

大切なネクタイを長持ちさせるための素材別おすすめ保管方法とアイテムを紹介してきました。

ネクタイはその素材によって適切な保管方法が異なります。

シルクやポリエステルはハンガーがオススメですが、一方、ニット素材はハンガーにかけると伸びる可能性があるので平らに保管しましょう。

おしゃれなネクタイをいつでも美しい状態で使用できるように、適切な保管方法を実践しましょう。

ハイブランドネクタイのレンタル・販売”Nクローゼット”

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次